歯を取り戻すインプラント治療

歯をインプラントにしたいけど、インプラントを良く知らないからと諦めていませんか?インプラントは、俗に「第二の永久歯」とも言われています。疑問点があるならそれを解決することで、安心して治療に進められるでしょう。

インプラント治療を行なう際に気になるコト

インプラントと入れ歯は何が違いますか?

入れ歯治療は、一般的には取り外せる歯を使用する方法で、部分入れ歯と総入れ歯があります。固定する際は留め具で固定するのが一般的です。インプラントとは、歯を失ったところに人工の歯根を埋め込んで、そこに人工歯をかぶせる方法です。入れ歯と違い、「歯を再現する」といったイメージに近いのがインプラントです。

全部の歯をインプラントにしたいのですが、出来ますか?

全ての歯をインプラントにすることも可能です。しかし、その場合はよく医師と話し合って検査もしっかり行ない計画をしていきましょう。。

一本でもインプラントにできますか?

はい。ブリッジや入れ歯などと違い、一本でも自然に出来るのがインプラントの利点です。ブリッジで治療する際には隣の歯を削る事もありますが、インプラントだと、自分の歯を削る必要性はほとんどありません。

最近話題の治療法のインプラントについて知る

インプラント

インプラントのメリット

インプラントの1番のメリットは、見た目が美しいという所です。入れ歯などと違い、自然で美しい口元にすることが出来ます。また、強く物を噛む事も出来ますし、歯を削るなどといった事をほとんどのケースでしなくてもいいので、残った自分の歯に負担もかかりません。もともとある健康な歯を守ることにも繋がるでしょう。

インプラント

インプラントにかかる費用

インプラントにかかる費用ですが、1本あたりで35万円ほどと言われています。インプラントは高度先進医療に分類されますので、保険は適用されないことが多いです。そのため、多くのケースが実費になります。また、歯の状態などによって治療の仕方が変わってしまう事や、手術の難しさによっても変わりますので、より費用には変動があります。最近では格安でインプラントを行なう医院もありますが、保証制度が無い、技術力が足りていないなどでトラブルが起こることもあります。歯は大切な自分の身体の一部です。安さだけを考えるのではなく、品質を重視することが1番大切です。

インプラントの術前・術後の過ごし方

インプラントの術前・術後はどのような事に気をつけて過ごせばいいのでしょうか。まず、インプラントを受ける前には、日常的に服用している薬を事前に伝えましょう。また、喫煙者は骨の代謝が悪くなっている事もありますので、事前の喫煙は控えた方が良いでしょう。術後は、麻酔が完全に切れてから軟らかい食事を口にして下さい。刺激が手術場所に加わると、失敗や術後の感染症に繋がるおそれがあります。また、長時間の入浴や飲酒も控え、手術した部分を無理に触らず安静にすることが重要です。

アフターメンテナンスが必要なインプラント

インプラントは、虫歯になる事はありませんが、アフターメンテナンスが必要になります。アフターメンテナンスを怠ると再手術などが必要になる場合もありますので、意識しましょう。歯周病などにインプラントは弱いです。理由は、人工歯根を支える骨が歯周病により溶けてしまうからです。そのため、インプラントを処置した後は、定期検診を忘れずに行いましょう。3ヶ月、もしくは半年に1回くらいが定期検診に行く目安です。インプラントは確かに寿命も長いですが、それは適切なアフターメンテナンスあっての事です。それを踏まえて、インプラントを行なうかどうか考えてみても良いでしょう。

広告募集中